もう迷わない、プレゼント選びの基本極意

スポンサーリンク

もう迷わない、プレゼント選び基本極意

12月に入り一気に街中もクリスマスモード。

クリスマスといえば、クリスマスプレゼントを交換するカップルも多いのではないでしょうか?

悩んで悩んであげたプレゼントにイマイチな反応をされた苦い反応をされた方はいらしゃいませんか?

プレゼントのセンスで喧嘩や別れにまで発展することもあるためプレゼント選びはカップルにとってとても重要です。

今回は私が実践しているプレゼントの選び方をご紹介します。付き合いたてのカップル、相手の好みがまだ分からない方には是非読んでいただきたいです。私はこの方法を意識することでプレゼントを全て成功させてきました。

プレゼントは本当に難しいですし、悩んでる方も非常に多いと思うので、解決の1つとなれば最高です。

ネットは基本信じない

例えばプレゼントを探す際に”クリスマス プレゼント” “プレゼント 社会人”

なんてキーワードで検索してる方いらっしゃいませんか?参考程度にするのはいいと思いますが、ネットだけで判断するのは危険です。

例をあげると、”女性 社会人プレゼント” これで検索して上位に上がっているブランドに4°Cや、Samantha Thavasaがあります。

しかし、私の周りだけでみても社会人で貰ってる方はいません。社会人にすると、少し幼いターゲットのブランドという印象があります。もちろん、このブランドが好きな方でしたらプレゼントするべきだと思いますし、喜んでくれると思います。

しかし、まだ好みが分からない相手にあげる時にこのようにネット検索だけで、ブランドを決めるのは危険かなと思います。

ヒアリングする

じゃあどうするんだ?となりますが、まずは相手の持ち物をチェックしましょう。財布やカバンなど持ち物をみて好きなブランドや好みを把握します。

次に、好みや欲しいものをさり気なく聞きましょう。私はよく、最近これが欲しい〜と自分の欲しいものの話をして、その流れで相手に欲しいものないの〜?と話を振ったり、一緒に買い物に行って探ります。

共通の友達がいる場合は、友達に聞いてみるのもオススメですね。

“シンプル”を合言葉

さり気なく聞くのは難易度高いし、共通の友達もいないよ!という方に覚えていてほしいのが”シンプル”です。

プレゼントを選ぶ際には、2つのことを意識すると的外れなものにはなりません。

①無難な色を選ぶ

相手の好みが分からない方は、無難な色を選びましょう。理由は単純、無難な色を嫌いな方は比較的少ないからです。真っピンクや水色よりも、黒やベージュを選ぶ方が無難です。

相手の好みを熟知している方でないと、色物をあげるのはハードルが高いと思います。

②柄は避ける

柄物はかなり難易度が高く、難しいです。チェックなどの柄物は様々な種類や色があり好みを知らない方が選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

分からない方は無地を選ぶといいと思います。

この2つを意識して選ぶことで、相手にがっかりされるようなプレゼントを選ぶことは無いです。

相手に身につけて欲しいものは?

たまに、ブランドや服、物にこだわりがない。という方もいらっしゃいますよね。

そのような方には、自分が思う相手にしてほしい格好や、身につけて欲しいアイテムをプレゼントするのもいいと思います。

相手のことを考え、その人のために選ぶプレゼントです。理由も添えてプレゼントすると相手も自分のことを考えてくれたんだ、と嬉しくなりますよね。

まとめ

プレゼント選びは。相手の喜んでくれる顔を想像しながら選びに行く、楽しい時間でもありますが、悩む時間でもありますよね。

せっかく相手を想って、プレゼントするのですから、喜んでほしいですよね。

プレゼント次第でその後の雰囲気も左右されますし、イマイチな反応をされると自分もテンションが下がってしましますよね。それに、せっかく選んだのに、、と不満にさえ感じてしまいます。

街中がウキウキしだす、クリスマスの時期が今年もやってきました。これからクリスマスプレゼントを選ぶ方に少しでも役に立っていれば嬉しいです。

是非センスの良いプレゼントを贈り、相手の喜ぶ顔を見て自分も嬉しくなる、そんなプレゼントを是非、贈っていただければと思います。

ブランド品を安く買う方法はこちらに書いておりますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です