今後注目のラッパー3選

Other

今後注目のラッパー3選

COLUMN#5

どうもybozeです。

とうとう本格的な夏が始まりましたね。

夏といえばフェスと前回言いましたが、私は9月に福岡県で開催される「Sun Set Live」に行きます!

いやあ、とても楽しみで仕方ないです。

去年も行かせて頂いたのですが、とても良かったです。

Sun Set Liveは土日と二日間なのですが、都合があって日曜だけ行きます。

でも日曜にお目当のアーティストが多いんです!

注目は「KID FRESHINO」「カネコアヤノ」「STUTS」「SIRUP」「くるり」とかでしょうか?

全部大好きなアーティストなのでとても楽しみです。

このためにも仕事を頑張れる、、、

ところで、今日は普段ヒップホップを聴く方にも、聴かない方にも読んでほしい内容です。

ズバリ今後注目のラッパー3選です!(本当はもっと紹介したい、、、)

PVなどリンクを貼っておくので気になったら直行しちゃってください!

Dodo (川崎)

彼の凄さは、楽曲の全てを自分で作っているということです。つまり、リリック・トラック・マスタリング・ミックスなど多くの過程を一人でしているのです。これってすごいことなんですよ。

家を作るのに、建築家・大工・材木屋など多くの職業の方が関わりますよね?それを彼は一人でイチから作ってるようなモノなのです。

ちなみに録音も彼自身の自宅だそうです。(天国スタジオというらしい)

dodo – kill more it [YouTube Music Sessions at FUJI ROCK FESTIVAL’19 "ROOKIE A GO-GO"]

ちなみに上の動画の曲「kill more it」は「キモい」を英語音で表したものです。普通の人では思いつかないアイデアですよね。ライブもすごくいい。

何が魅力かっていうと独特なラップですよね。見た目ではラップをするようには見えないんですが、とても気持ちいラップをします。さらにリリカルでキャチーな曲なので、歌詞の深さを深く見せないっていう凄さもあります。

dodo – nothin

未だに勘違いしてるかもしれない

けど俺らは大丈夫 そういうのがMyJob

変わるっしかないっしょ

FAKEでも内緒  英英

dodo/nothin

ここの歌詞、個人的にとても好きです。

なんか分かりますよね。大丈夫・変わるしかない、っていう強気な気持ちを持ちつつ、どこか逃げ道があったり

人間味が感じられるバースでとても好きです。

あと「エィエィ」を「英英」とする辺り、本当にツボです。

彼は今後注目すべきアーティストです、ホント。要チェックです。

¥ellow Bucks (名古屋)

彼は名古屋を中心に活動するラッパーです。あのトウカイテイオーを彷彿させるラッパーさにじみ出るラッパーです。

彼のすごいとことは、日本語の韻の踏み方が気持ち良いところと言葉選び、フロウです。

フロウってなに?って思われる方もいるかもしれませんが、トラックに対しての口調だったり抑揚のことです。分かりやすくいえば、歌い方でしょうか。

私が彼を知ったきっかけはAbemaTVの人気企画「ラップスタア誕生」です。

彼はその優勝者なのです。優勝した際のライブのパフォーマンスを見れば納得の優勝。あのSEEDAも彼の楽曲にノリノリでした。まさに日本人離れ。

その曲がこちら

なりたい自分に標準ロックしな

Haterが文句を垂れたら これが俺だからどうかした?

とか言っときゃ大丈夫

来世はねえから自信を持つんだ永遠にな

¥ellow Bucks/Trust in bucks

どうです?かっこよくないですか?

なりたい自分をしっかり持ってりゃ笑われても大丈夫

しかも人生は一回きり、他人の言葉に左右されちゃダメだ

とても背中を押されるバースですよね。

この曲を聞いていると自信が不思議と湧きます。

最近UpされたPVもとても刺激的でかっこいいので紹介しときます。

是非こちらも視聴してください。

¥ellow Bucks – “Dinner” [Official Video]

SNEEEZE (神戸)

読み方はスニーズ、英語で「くしゃみ」という意味をもじったのでしょうか?

名前とは裏腹にとても魅力的なラップをします。

声が特徴的なのに加え、フロウもピカイチ。

実は彼、アメリカの人気ミックステープサイトで3作連トップ8入りした快挙の持ち主なのです。聞いてみればその凄さも分かります。

SNEEEZE – Don't Touch (Prod.774) [Official Music Video]

邪魔は着てろパジャマ

skill like a Japanese KendrickLamar

興味ないB級パクリドラマ

イバラ道この先続く未だ

SNEEEZE/Don’t Touch

日本人として日本語を使うのはもちろん、その言葉選びが面白いですよね。

ラップの曲で「パジャマ」とかなかなか聞かないですよね。

そんなユーモア溢れる歌詞が彼の魅力です。

さらに他の曲を聞いてみると、いい感じに脱力感のある曲が多く。気がつけば体がリズムをとってしまいます。

あの有名なPUNPEEも認める才能の彼。今後注目です。

最近新しいアルバムが出たばかりなので、絶対に聞くべきです!

SNEEEZE / Say So (Official Music Video)

まとめ

以上、今後注目のラッパー3選でした。どうですか?三者三様でとても面白くないですか?

ラップを普段聞かない人にとてもおすすめです。

これを機に、ラップも最先端に行ってみませんか?

少しでもチェックしていただければ幸いです。ではまた、英英。

コメント

タイトルとURLをコピーしました