2万円代で作れるオーダースーツ。

Fashion

2万円代で作れるオーダースーツ。

こんにちは。
街中で必ず見るスーツ姿のビジネスマン。
スラックスの丈が余っている。
ジャケットの肩が合っていない。
実際よく見てみるとそんな方が非常に多いです。

私服で楽しむオシャレもサイズ感が大事ですがそれ以上にフォーマルな格好ではサイズ感が重要。
少しサイズを間違えると、スタイルが悪く見えたりだらしなく見えてしまいます。
既製服ではそのデメリットがありますよね。

オーダースーツの利点

痩せ型や体が大きな人は既製服のサイズが合わないことが多々ありますがオーダースーツはそういった悩みも解消してくれます。
また、標準体型の方でも全く同じ体型の人はいないのに同じサイズの服を着るのって変な話ですよね。だからオーダースーツが良いんです。
腕、首、胴が綺麗にフィットすると着心地はもちろん見栄えがかなり綺麗になります。

TAILOR FIELDS


オーダースーツといえば麻布テイラーが有名。その姉妹店であるテイラーフィールズはかなりリーズナブルにオーダースーツを作ることができます。
そのお値段はなんと3万円以下。
既製のスーツ(AOKI等)と価格が変わりません。

どんなオーダー?


TAILOR FIELDSのオーダーはパターンオーダーです。
あらかじめ決められたサンプルの中から好みの素材や形を選択していき、あとは実際に採寸をして、工場で作成後に受け渡しという形になります。

価格


価格は生地の値段で変わってきます。
①クラシック→¥23,000
②コンテンポラリー→¥33,000
③ファンクション→¥43,000
④スーパーファイン→¥53,000
⑤プレシャスハイエンド→¥63,000

となっており、クラシックだとベーシックな生地。ファンクションなら機能性に優れた繊維。プレシャスハイエンドなら英・伊の高級品質生地と分けられています。

そしてその生地代にオプション代が加わる仕組みになっています。

本当にリーズナブルに作りたかったらエコノミー仕立てにすると+¥0なので生地代だけで作成可能です。

どんな形が選べる?

デザインだけでなく、裏地の色やポケットの形やタックの有無など様々なものも選べます。
また、ボタンも樹脂のものから水牛、メタルと20種類以上から選ぶことができます。(仕立てのオプションにより選択肢は変動)
ボタン1つとってもかなり印象が変わります。

オススメのオーダー


TAILOR FIELDSの強みはなんといっても低価格でオーダースーツを作れる点。
そのためここではクラシックの生地をオススメします。
そして仕立てはベーシック仕立て。
長く着用するスーツと考えるとエコノミー仕立てとベーシック仕立ての差の3000円などケチるものではありません。
3000円だけで得られるオプションがかなり豊富なためです。
実際に私は2着、大学の入学式とリクルートスーツはクラシック×ベーシック仕立てで作成してもらっています。

なぜそんなに安い?


姉妹店でオーダースーツで有名な麻布テイラーは最低価格が4万円ほどからのスタートになります。
麻布テイラーは国内工場で製造、オプションの幅が広いです。
それに対してTAILOR FIELDSは中国工場で生産を行っています。
その為配送までに6週間ほどを要しますが、この低価格でスーツのオーダーを可能にしています。

まとめ


私自身、身長の適正体重に対し-10kgの体重で痩せ型です。そのため体にフィットする既製服が無いことが多々あるのですがその悩みが改善されました。
お悩みでない方も既製服と変わらない値段でできる、そして何より自分好みにスーツをカスタマイズをすることができるので是非お試しください。

とても大事なスーツのサイズ感。就活や取引先と会うときに第一印象は良くありたいですよね。
そのためにもスーツのオーダーを改めてオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました