GILT(ギルト)でブランド品を安く買う方法

Fashion

GILT(ギルト)でブランド品を安く買う方法

皆さんこんにちは。
前回のこちらのシリーズは大変好評をいただいて本当に嬉しかったです。
まだ、読まれてない方も時間があれば是非ご覧ください。

さて今回も引き続き、ブランド品を安く買う方法を記載していきたいと思います。

今回、ご紹介するのはGILT(ギルト)というサイトです。こちらのサイトの詳細に関しましても、後々詳しくご説明いたしますので是非ご覧ください。

GILT(ギルト)をご存知ですか?

GILT(ギルト)をご存知ですか?

今回ご紹介するサイトは、GILT(ギルト)というアメリカ発のサイトです。こちらのサイトも前回ご紹介したグラッドというサイトと同じ仕組みでできており、会員制のフラッシュセールサイトになっています。

GILT(ギルト)は毎晩21時から新しいセールが行われるため、21時ぴったりくらいにはサイトをみられることをおすすめします。

(私は毎日チェックしてます、ガチ勢です。笑)

会員制といっても、完全無料登録なので、登録さえすれば誰でも参加できるフラッシュセールサイトになっています。フラッシュセールサイトの説明に関しては、前回の記事に記載していますので、気になる方は是非ご覧ください。

ちなみに会員登録をしなくても結構どんなセールが行われているのかは実際にページに飛べば見ることができますので、会員登録がめんどくさい方は定期的にどんなセールが行われているのかを確認されてみてはいかがでしょうか?

GILT(ギルト)参加ブランド

私もGILT(ギルト)を使用し始めて結構な期間になりますが、その間にあったブランドをいくつかご紹介いたします。基本的には前回の記事でご紹介したブランドと大差はありません。

メゾンマルジェラ
ジルサンダー
ハイダーアッカーマン
アミ
コムデギャルソン
マルニ
マックスマーラー
など

ここには記載しませんでしたが、セレクトショップや若い方が好きそうなブランドもセールを開催していました。

ちなみに、上記で記載しているブランドは基本的に、fire sale やInternational Designers といった特集でご紹介されていることが多いです。

GILT(ギルト)の値段はどうなの?

GILT(ギルト)の値段は上下幅が結構大きいです。ただ、大体の商品は50〜90%オフになっています。

上記でも述べたのですが、GILT(ギルト)は毎日21時からセールが始まります。値段が安くなっており、デザインも良い商品はガチ勢の私のような方に、すぐに購入されます。笑

なので、時間が許すのであれば、GILT(ギルト)を21時にご覧になることをおすすめします。

GILT(ギルト)ってニセモノじゃないの?

GILT(ギルト)には100%偽物は存在していません。すでにニューヨークでは非常によく知られたフラッシュモールサイトであり、偽物を展開していることはまずありません。

GILT(ギルト)の商品入荷ルートは直接デパートやセレクトショップ、ブランドから仕入れていますので、安心してお使いいただけます

まとめ

皆さんいかがでしたか?

今回も前回の記事同様、フラッシュセールサイトのご紹介をいたしました。
本当に良い商品がすごくお買い得になっているので、ぜひ一度はご覧になることをおすすめします。

私も大学時代、大好きな洋服を買いたかったにも関わらず、お金が足りずに諦めたことがなんどもあります。そんな時に知ったのがこういったお得な買い方です。使う使わないは別として、知っておけば、気になっていた商品がお得に変える機会が訪れるかもしれません。

是非、下記リンクからお試しください。

ギルト

コメント

タイトルとURLをコピーしました