H&Mのハイライン、COS(コス)をご存知ですか?

Fashion

H&MのハイラインCOSをご存知ですか?

皆さん、こんにちは。H&Mはご存知ですよね。
北欧発のファストファッションブランドでありおそらく多くの方(特に女性)が一度は店舗に足を運んだことがあるのではないでしょうか。

ところで皆さんH&MのハイラインであるCOSをご存知でしょうか?
ファッション好きの方で知っている方は多いと思いますが、初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、COSはメンズ・レディース共に展開されています。
COSの内装はすごくオシャレですので、カップルでお買い物に行かれても絶対に楽しいこと間違いなしです。

今回は、日本ではまだまだ認知されていないCOSについてご紹介いたします。

COSってなに?

COSとはCollection of Styleの略称であり、2007年にH&Mグループによって立ち上げられました。H&Mのグループなので多くの方はファストファッションだと考えていると思いますが、COSは一味違います。よりファッションが好きな人向けにアイテムを作成し、そのシーズンのトレンドを押さえた商品を発表しています。

トレンドを押さえてるといえども、よくあるデザイナーズブランドのような癖の強い商品は少なく、綺麗めで日常で使いやすい商品が揃っているのが特徴です。マルニやジルサンダーが好きな方は必ず好きになれるブランドではないでしょうか。

ルック参照


値段帯は、H&Mよりも高いものの、デザイン性の高さ、質の高さからは想像できないほど安く販売されてるのも特徴です。値段につきましては、後にもう少し細かく記載していきますので引き続きご覧ください。


欧州ではすでに50店舗以上展開されており、日本でも銀座、青山、横浜に店舗を構えています。

特徴

COSの店舗はファストファッションのように服がごちゃ混ぜにディスプレイされているのではなく、高級感のある内装が特徴的です。アイテム毎に綺麗に陳列され、そのアイテムに合わせることができるボトムスや靴が配置されています。またルックブックが様々なところに置かれています。アイテムの陳列が綺麗だと求めているものが探しやすくていいですよね。

ルック参照

気になる価格帯ですが、「高いクオリティのファッションを手の届きやすい価格で」という哲学に基づき生産されています。
デザイン性の高いシャツやニットはだいたい1万円以下から高くて2万円までで購入することができます。またアウターも同じように値段以上の素材感でハイブランドのようなやデザインのアイテムを提供しています。こちらもハイブランドではコートになると10万円を当たり前に越えるのに対して、COSでは最大でも5万円以内で購入することができます。
トレンドを捉え、素材にもこだわったアイテムをこの価格帯で購入できるのはすごくお得ですよね。

ファストファッションは使い勝手がよく着用しやすいのが良い点ではありますが、毎日それだけじゃ、みんなと被ったり、普遍的なデザインで気分が上がらなかったりと、どこか物足りなく感じる部分がありますよね。
そうはいっても、デザインが気に入っているハイブランドには金銭的に手が届かない。こんな矛盾を抱えているのは私だけではないですよね。
そんな人たちは、是非、一度COSに足を運んでみてはいかがですか?COSのアイテムは本当にデザイン性が高く、こんなのが欲しかったと思えるような服がたくさんあります。
まさに、日常のファッションにワンランク上のワクワクするようなおしゃれ着を提供してくれる場所だと思います。
また、日常使いしやすいデザインが多く揃っているので、最近、服を好きになり始めた方にもオススメのブランドです。

どこで買えるの?

COSの店舗は先述したように関東の三店舗しかありません。関西やその他の地方の方が足を運ぶのはかなり難しいのが現状です。

また残念なことに日本では、オンラインには対応していないようです。是非、関東に行かれた際には立ち寄るべきかなと思います。

インターネット上にはルックブックが公開されているので一度拝見していただければと思います。

まとめ

皆さん、COSに興味を持っていただけたでしょうか?

デザインもシンプルで着用しやすいにも関わらず、個性的で素敵な商品が多いので、ファッション好きの方から、これから、オシャレを始めようと思っている人まで幅広く楽しんでもらえるショップになっております。

普段ファストファッションを着用しない人も、おそらく、COSの洋服は着用したくなるようなデザインがたくさんあると思います。

現在、関東以外には購入できる方法はありませんが、関東を訪れた際には必ずお立ち寄りください。

コメント

  1. wes より:

    2020年にオンラインストア日本対応するらしいですね!!嬉しい(^^)

    • 平岩 瑞基 より:

      コメントありがとうございます!
      そうなんですか、それは吉報ですね☺️
      オープンが楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました